考え方

FIRE批判は無視でよい理由【大半は底意地の悪い人の妬み】

FIRE批判について、あなたはどう思いますか。

以上のような、質問にお答えします。

私は2016年頃から早期退職を目指し始め、2021年で退職、サイドFIRE生活を始めました。

この記事では、FIRE批判について私が思うことをお話しします。

結論
  • 元同僚の小言やSNSのコメントは無視でよい。
  • 批判的な意見でも、定量的に述べられている情報には耳を貸す。⇒ 肯定・批判は関係なく、有益な情報は分析し、自分の人生をより良くしよう。

日本人は足を引っ張り合う性格だから、批判がでるのは当たり前

「自分が損をしてでも、相手の足を引っ張りたい、他人をひきずりおろしたい」ことが大好きな底意地の悪い日本人は多い。

そしてこの国民性にあった「日本型社会主義」から外れた生き方の一つとして、FIREが批判されるのは当然だと思います。

日本人は他人が「利益を得ること」「幸せになること」を嫌うため、「ズルは許さない」と奮起し、自分が損をしてでも他人を足を引っ張ろうとする傾向があります。

足を引っ張り合いをしても何も進歩しません。
そのため、批判は基本的には無視でいいでしょう。

わざわざ、「みんなで不幸になろうぜ」に仲間入りするつもりはありませんので。

自分のためにも下は見ない方がよい

突然ですが、次のようなことに心当たりはありませんか。

  • 自分と相反する意見を聞いたとき ⇒ 「この人の劣っているところはなんだ?」とあら探しをする。
  • 副業で情報を集めているとき ⇒ 自分より劣っていると感じるポートフォリオを見ると安心する。

自分も油断をすると、ついついやってしまうことがありました。
やはり、国民性なのでしょうか。

自分を大きく成長させるためにも人と比べることは大事です。
しかし、人を下に見てしまうと、自分を進化させるどころか退化させてしまいます。

特に、具体的な批判が出来る人は、少なくとも自分より経験も知識もあるということです。
自分より上だと認め、素直に情報を吸収した方が得です。

これからは、下を見ないで上を見るだけ

FIRE批判について思うこと

大半は、どうでもいいです。

  • 節約生活は楽しいのか
  • 暇を持て余すぞ
  • もっとお金を使って社会貢献しろ
  • FIREしても幸せにはなれない

これらに対する答えは一つです。

WWW

ただし、資産形成については、別問題です。

FIREは社会保障制度・税金の法改正によって、簡単に破たんする可能性も少なくありません。

このような法改正に敏感で、「FIREは終わった」的なコンテンツが上がるのは早い気がします。
情報の早さと精度のバランスでいったら、批判する人のポテンシャルはすごいと思います。

いずれにしても、正確な情報を入手し、自分の資産シミュレーションに落とし込むことが大事ですね。

まとめ:自分の人生は自分で作る

結論 ・・・ 下を見ないで上を見よう

●上を見る行為
  • 自分より上にいる人を見て学ぶ
  • どうでもいいコメントは無視
  • 肯定、批判に関係なく、情報を吸収する
●下を見る行為
  • 自分より下にいる人を見て安心する
  • どうでもいいコメントに反論することに時間を使う
  • 批判的な意見は、一方的に反発する

壁の落書きのようなコメントをする人は、大半は底意地の悪い人の妬みだから無視してよい。
その時間を他の事に使って、楽しんだ方がいいです。

私もまだまだやりたいことがあって、何からやっていこうかなと嬉しい悩みもあります。

上を見て、前向きに、みんなで楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました