ブログ

Googleアドセンス審査を通過するために特に気を付けたこと

Googleアドセンス審査に落ちた。
ブログ歴が浅く審査を通過した人の話が聞きたいです。

以上のような、質問にお答えします。

私はブログ初投稿から2週間でGoogleアドセンス審査に合格し、ブログの収益化に成功しました。

この記事では、私がGoogleアドセンス審査前に特に気を付けたことを解説します。

この記事を読むと、こういう視点もあるのかと気付きが得られ、次のgoogleアドセンス審査の対策に役立ちます。

ぜひ、参考にしていただき、Googleアドセンス審査に挑戦してください。

Googleアドセンス審査合格時の状況

Googleアドセンス審査合格時の状況

まず、Googleアドセンス審査に合格した時の状況を、簡単に説明します。

  • 記事数:9記事(申請時は8記事)
  • 1記事の文字数:1,500~2,000字
  • PV数:1,464pv
  • ブログの更新頻度:1~3日に1記事ペース
  • ブログ歴:2022年4月~
  • Googleアドセンス審査期間:1営業日以内

ブログのテーマは、「仕事」と「雑記」で書いていました。

特に、「社内公募」のテーマに力を入れました。

Googleアドセンス審査に通るコツ

Googleアドセンス審査に通るコツ

Googleアドセンス審査に通るコツは、以下の通りです。

  1. WordPressを使う(独自ドメインを使う)
  2. 「悩み」や「疑問」を解決する記事を書く
  3. 記事の品質を一定以上に保つ(記事数、文字数)
  4. お問い合わせ、プライバシーポリシー、連絡先を掲載する
  5. 独自性のある記事を書く
  6. 操作性の高いブログを作る

私は初投稿の時からGoogleアドセンス審査を意識し、「1~4」の項目については特に気を使っていました。

正社員時代の経験・ノウハウなどの体験談をベースにした記事で高い評価を狙い、最低1,500文字は書くことで品質を維持しました。

次に、私がGoogleアドセンス審査前に特に気を付けたことを紹介します。

Googleアドセンス審査前に特に気を付けたこと

Googleアドセンス審査前に特に気を付けたこと

私がGoogleアドセンス審査前に特に気を付けたことは、以下の2つです。

  • 独自性のある記事を書く ≒ コピペコンテンツになっていないか
  • 操作性の高いブログを作る ≒ ユーザーにとってページがどこにあるか分かりやすいか

それぞれ、解説します。

独自性のある記事を書く

コンテンツには独自性が求められるので、コピペコンテンツはGoogleアドセンス審査には通らないと考えられます。

そこで、7記事を投稿した時点で、無料で利用できるコピペチェックツールを利用して確認しました。

使用したツールは【CopyContentDetector】です。
4,000文字までならユーザー登録なしで使用でき、プロのライターもこのツールでチェックしている方が多いと聞きます。

ここで、7記事目までの中で、チェック結果の一例を紹介します。

記事のコピペチェック その1
【例文あり】社内公募のための志望動機の書き方のポイントを紹介

各項目の率(%)に応じて、【良好】、【要注意】、【コピーの疑い】と判定してくれます。

このツールの判定通り3つの判定すべてが【良好】(50%以下)であれば合格とすると、この結果は良くありません。
コピペしたつもりはありませんが、仕事・転職ネタだと単語がかぶりやすいのでしょうか。

8記事目に当たる次の記事は、意識して書きました。

記事のコピペチェック その2
【例文あり】社内公募の面接で聞かれることは?質問とポイントを解説

それなりに改善しました。

結論は、ここまでの8記事は修正しないでGoogleアドセンス審査に臨みました。
その理由は、とりあえずGoogleアドセンス審査がどういうものか知りたかったので、今こだわって停滞するよりも審査に臨むことを選んだのです。

もし、Googleアドセンス審査に落ちていたら、仕事カテゴリーの記事を中心に修正して再審査に臨むつもりでした。

操作性の高いブログを作る

操作性の高いブログを作るってなんだろう?

ユーザーにとって必要となるページがどこにあるか分かりやすくすることかな」と、私は単純に考えました。

Googleアドセンス審査前までカテゴリーや内部リンクの構想は考えていませんでしたので、少し見直しました。

かいわれブログのカテゴリーと内部リンクの構成
カテゴリーと内部リンクの構想

変更前の問題点は以下の様に考えました。

  • 仕事カテゴリーでコンテンツが異なる1記事だけ、孤立していた。
  • 雑記とお金カテゴリーの記事数が少なく、仕事カテゴリーと比べるとバランスが悪い

変更後は、親カテゴリー数を減らし、子カテゴリーの内容を統一し、内部リンクで繋げました。

カテゴリーと内部リンクを整理することで、Googleから専門性のあるページと評価されることを狙ったのです。

つまり、カテゴリーを統一することで、Googleの評価が上がり、その結果Googleアドセンス審査通過の一因になったと考えられます。

もし、Googleアドセンス審査に落ちていたら、雑記カテゴリーを非表示にし、仕事カテゴリーにいくつか記事を追加して再審査に臨むつもりでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、Googleアドセンス審査を通過するために特に気を付けたことについて解説しました。

これから再審査に挑戦される方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

そして早くGoogleアドセンス審査を通過し、審査の呪縛から解き放たれ、共に自由にブログを楽しんでいけたらと思います。

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました